Praginのアイコン

Pragin

仲間と共に実践を通して
プログラミングのスキルを身に着けていく

白黒のノート

~代表からのメッセージ~

Praginでは三つの理念を基に知識と経験を
一から身につけ、0から1を創造できる人材を
輩出することを目的としています。


プログラミングは一筋縄では身に付かず、
独学で実践経験を得ることはとても困難です。


なので、学習に対する意欲のある人には
出来る限りのチャンスを与えたいと考えています。


また、多くの知識や経験、志の高い仲間を
得られる環境を提供していきます。

今日プログラマーが不足していると言われています。
不足している理由として次のことが挙げられます。


企業は経験のない新卒を採用しないからです。
確かに新卒を採用し教育する企業もあります。
しかし、その教育には多くのお金と時間を必要とします。
なので、多くの企業は好んで新卒を採用しません。
採用しても、極て僅かしか採用しないのが現状です。


この問題を解決すべくPraginでは
“何したらいいか分からない” “過去に挫折した経験がある”
といった学生を対象に知識だけでなく経験まで
積んでもらおうと考えています。

デスクにMac

“学びの先へ”

Praginは「知っている」を「出来る」に変え、
学びの先にある目標を達成するための
全てを提供します。

線路に人

Praginでは以下の3つの理念を基に活動しています。

~主体的な学びをする~

Praginでは受動的な学びをしていても何も身につきません。
なので、多くの知識や経験を得てもらうために、
能動的な学びを重視しています。

~常に目的意識を持つ~

成長するという事に関してはゴールがなく、
漠然とプログラミングを勉強しても身につきません。
目標の大きさ、到達までの時間などは人それぞれです。
自分なりの目標を常に持って、一つ目標を達成したら
次の目標を持つようにしています。

~環境を最大限利用する~

Praginが持つ知識や経験、刺激などを最大限に利用する
ことによって、独学と違い挫折することがなくなり、
更にスピード感のある学習にも繋がります。

デスクにオブジェクト

Praginのおかげで“成長できた” “実践的経験を積めた”
と言ってもらえるような環境づくりをしています。

知識だけで語る人にならず、多くの経験を積み社会に
出てから長く活躍できる人材を輩出してきたい
と考えています。